「邪神ちゃんドロップキック」の2期制作のライン
蛇

「邪神ちゃんドロップキック」の2期の制作ラインとして、円盤2000枚の売り上げが絶対条件と明言されていますよね。

 

一般的なアニメのラインが約5000枚なので、この数字はなかなかにハードルが低く感じられますが、円盤の単価としてはかなりお高めの2万円越え。

 

ちょっとハードルが高いかなとも思いましたが、ほかのアニメと違って、「2000枚で2期決定です!」と明言されているので懐は緩みやすい。

 

(原作含め)作中でよく使われるキーワードに「ATM」という単語があるため、なおさらファンが動きやすいものにもなっています(笑)

 

売り上げの推移

そんな邪神ちゃんドロップキックですが、売り上げの推移がかなり好調です。

 

2018年10月12日の時点で予約枚数は812枚(公式)。

 

そして現在(2018年11月18日)では、最低でも1400枚以上の予約が入っているようです。

 

予約枚数

これは・・・!なかなかにいいペースなのではないでしょうか!

 

仮に上下巻を予約するという場合、あと500枚というと、250人もいれば2期が決定する勢いです。

 

そして結果発表の日はというと、2019年1月20日。

あと約60日もあります!!

 

上下巻合わせると一人当たり約4万ちょいかかってしまいますが、2期のためにもなんとか目標を達成してほしいものです!

 

結果発表の日は

上に書いてしまいましたしそもそももうご存知だと思いますが(笑)

 

2019年1月20日の「すごいサバド2019」で結果発表となるほか、ツイッターでも、随時状況がツイートされていきます。

 

当日のチケットの先行販売は終了してしまいましたが、第2次がまだこれから(11月26日)ありますし、予約していない人向けの一般販売も12月以降に予定されています。

 

「買っても万が一目標に届かなくて2期が出なかったら意味がないし躊躇してしまう」という方は、その一般販売を待つのも手ですね。

 

 

ちなみに、「すごいサバド2019」のイベント内容はそれだけで絶対楽しいものですが、

イベント概要

2期の決定はこのイベント内での発表となるため、ほかのいわゆる「覇者アニメ」といわれるような作品にも負けないくらい盛り上がるイベントになること間違いなしです。

 

あぁ・・・めっちゃいきたい・・・

 

 

似たような売り込み方の成功事例

ここで、自分を勇気づけるためにも同じような販促の成功事例についてみてみたいと思います。

 

「株式会社ピーアイ」という亜パレスを扱う会社の社長さんが仕組んだ、サングラスの販促です。

 

「邪神ちゃんドロップキック」のアニメと同じように、「コラボサングラスの予約は募るものの、10日間で500個以上の予約が入らなかったら作らない」というもので、みごとちょうど500個の予約をうけて企画は成功しました。

 

サングラスには3種類あり、それぞれ2万円以上しました。

 

 

邪神ちゃんドロップキックも、同じように目標ラインを明確化しており、価格も同じくらい。期間はずっと長く、「ATM」というキーワードと一緒に拡散され続けています。

 

こうなるとファンとしては面白くなってきてしまうわけで、きっと売上枚数も増えていくのではないか!と思います。

 

まとめ

1月20日まであと少し。しかし円盤の残り枚数もあと500枚と、終わりが見えてきている状態です。

 

このままの勢いで見事、2期が決定してくれると嬉しいですね!