はがき冷夏」や「暖冬」といった言葉があります。

 

本来、夏は暑く、冬は寒いものですが、年によっては夏が涼しく、冬が温かいということもあります。

 

これはラニーニャ現象やエルニーニョ現象が関わっていたりしますが、そんなこんなで「なんか、夏(冬)っぽい夏(冬)じゃなかったね」ということも確かにあります。

また、どっちも発生していなくてもそういった年もあります。

 

今回は、特に8月や9月に涼しくなったり台風が出てきたりしたときに送る「時候の挨拶」についてご紹介していきます。

 

8月の時候の挨拶

8月

8月は立秋があり、暦の上では暑さのピークを終えてだんだんと涼しくなっていく時期でもあります。

 

なのでまだ8月で暑い!というときでも時候の挨拶に「秋」や「涼しい」などの言葉を入れることができ、それを使って相手を見舞うことができます。

 

では、ビジネス的にお堅く書く例と、親しい間柄の人に書くくだけた感じの例を見ていきましょう。

 

ビジネスで使う例

ビジネスでのはがきはお堅いため、自然と伝える内容もお堅くなっていきます。

また、相手が「元気で幸せである」ことを前提に書きます。

 

  • 納涼の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 秋暑の候、ΟΟ様にはますますご壮健のこととお慶び申し上げます。
  • 向秋の候、ご一同様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 

ブラック企業で働いている人は嫌味に受け取ってしまうかもしれませんが、時候の挨拶はこのように、季語の直後に「安否の挨拶」を付け加えるのがルールです。

 

「納涼の候」+「皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます」ですね。

 

 

もちろん、こういった手紙を喪中の人に送るのはマナー違反なので送ってはいけませんが、相手が明らかにブラック企業で疲弊している一個人である場合も、できれば対象を「皆様」や「ご一同様」ではなく、「貴社」としてあげたほうが、余計な反感を買わなくて済むかもしれません。

 

親しい間柄で使う例

親戚や恩師など、親しい間柄の人に送る時は、ビジネスのときよりもくだけた感じで書いてよくなるので気持ち的にも難易度的にも楽です。

 

またこの場合も、「季語」の直後に「安否の挨拶」を付け加えるのがルールです。

 

例文は以下の通りです。

 

  • 暦の上では立秋ですがまだまだ暑さが厳しいですね。
  • 盆踊りの季節となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
  • 朝夕に涼しさを感じるようになりましたが、皆さまお変わりないでしょうか。
  • 早くも虫の音が心地よい時期になりましたが、お元気でしょうか。
  • 朝夕の涼風にほっと一息つく季節となりましたが、その後お変わりはないでしょうか。

早涼

親しい人にはくだけた感じに書けるので、ビジネスの場合よりも融通が利きます。

 

8月でも、立秋を過ぎていて涼しければ、ご自分で涼しさを伝えられる季語を思い浮かべて書くと楽しいと思います♬

 

9月の時候の挨拶

9月からはいよいよ本格的な秋になり、それらしい季語も多く出てくるようになります。

なのでその中から好きなものを選びつつ、ビジネス的には相手を労う感じにし、親しい間の人には秋の到来を喜ぶようなものにするといいでしょう。

 

ビジネスの例

  • 秋色次第に濃く、皆々様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
  • 爽やかな季節を迎え、貴社ますますご清栄のことお慶び申し上げます。
  • 残暑ようやく衰え、皆様ますますご活躍のことと拝察いたしております。
  • 秋色次第に濃く、皆様ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
  • 日増しに秋の気配も増している今日この頃、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 

親しい相手への例

  • 日増しに秋の深まりを感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
  • 秋風が心地よい時節となりました。ご家族の皆様、お元気でらっしゃいますか。
  • 九月ともなればさすがに過ごしやすくなってきました。皆様におかれましてはお加減いかがでしょうか。
  • 実りの秋を迎え、お元気でお過ごしのことと、お喜び申し上げます。朝夕は幾分しのぎやすくなりましたが、いかがお過ごしですか。

 

 

台風を季語に使った時候の挨拶

とくに夏場から10月にかけては台風シーズンで、毎年矢継ぎ早に日本列島をかき回していきます。

 

そんな時、「平成30年豪雨」のように甚大な被害をもたらすこともあり、使いたいけど「台風」を季語に使っちゃっていいのかな?と思うこともあると思います。

 

結論としては、とくに自分や相手が被害に遭っていない場合は使ってもいいです。

 

ただしその時は他の地域で大きな被害が出ていることもありえ、また、今後も新しい台風が発生する可能性もあることから、「台風一過」や「台風の過ぎ去りしこの頃」などはビジネスでは使わない方がいいかもしれません。

 

ビジネスでは「いかがですか」よりも「貴社ますますご清栄のこと」など、相手を持ち上げる表現のほうが好まれる傾向にあります。

 

なのでビジネスのメールや手紙で台風を季語にするのは、もう台風は来ないと確信できてからのほうがいいでしょう。

 

 

親しい間柄の人に対しては、「台風の多い季節ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか」や、「台風多く涼風の待たれる今日この頃でございますが、皆様お変わりはないでしょうか」など、安否確認の内容で問題はありません。

 

まとめ

  • 時候の挨拶は『季語』+『安否を気遣う言葉』
  • 時候の挨拶はおたがいに罹災したり喪中でないときにのみ使う
  • 『台風』という季語はお互いが被害にあっていない場合は使ってもセーフ
  • ただしビジネス上では使わないほうが無難
  • ビジネス相手には『相手を持ち上げる』表現のほうが好まれる