ゼブラガニとは

どうもこんにちは、あきもぐです。

 

あなたはカニに手や指を挟まれたことはありますか?

 

私の場合、親に無理やり握らされて挟まれた記憶があります。

 

ッギャアアァァァァァァァァァ!

カニに手を挟まれて叫ぶ

 

ってなりますよね(笑)

 

しかし、自分が挟まれるのは嫌なのですが、誰かが挟まれているのを見るのは少し楽しかったりもします(屑)

 

ちょっと共感してもらえたりしないでしょうか?

 

なんか、なんかこう面白い絵なんですよね。

 

 

でなのですが、もし共感してもらえるのであれば、ちょうどよいカニさんがいます。

 

今回の主人公さん「ゼブラガニ」です。

ゼブラガニ

 

その体色からゼブラと名付けられていますが、写真でおわかりになるでしょうか。

 

棘の上に乗っていますよね。

 

 

 

 

 

 

棘ばっかでグロテスクな絵面に見えるかもしれませんが、ゼブラガニは基本的にここにいます。

 

ガンガゼやウニの上に乗って暮らすのですね。

そしてついでにガンガゼを食べます。

 

写真で、白く禿げた部分が見えると思いますが、これがゼブラガニの食べた後です。

食べた跡

とうもろこしを食べた後の残りかすの色みたいなところです。

 

ゼブラガニはガンガゼの上で身を守りながら、ガンガゼの 管足 をついばんでしまいます。

 

被害者は普通のガンガゼや

ガンガゼ

激痛とマヒをもたらすイイジマフクロウニ

イイジマフクロウニ

そして強烈な神経毒で死亡例もあるラッパウニ

ラッパウニ

 

など多岐にわたります。

 

ゼブラガニがいる地域では、ガイドダイバーさんは指示棒で棘をかき分けてゼブラガニを見せてくれます。

 

もう見たことがある方もない方も、今度潜る機会がありましたら是非探してみてくださいね。

 

昔の不合理な校則で丸刈りにされた日本男児みたいに、寒々しい頭を覗かせているガンガゼが目印です♬