どうもこんにちは、あきもぐです。

とうとう梅雨が迫ってきてますね。

 

毎年そうなのですが、梅雨になると車以外で通勤通学する人はかなり大変な目にあいますよね。

しかもなんか頭痛いし・・・・・・ということもあるのではないでしょうか?

そんな時に洗濯物が乾かなければさらにイライラし、ストレスとなって襲ってきます。

 

ということで今回は便利な雨具と体調不良の理由、室内干しで洗濯物を乾燥させる方法です。

 

では、見出しからどうぞ!

地域によっては梅雨に使える便利な傘

あなたは現在、自転車通勤(通学)でしょうか?

それとも徒歩ですか?

 

2015年6月1日から、自転車の傘さし運転が本格的に違反になりましたよね。

傘さし運転

これにより、違反者は3年以内に2回違反をすると3時間の講習に参加するよう言われてしまいます。

5700円もする講習なのでさぼりたくなっても、さぼった後に5万円の罰金が待っているのでさぼるにさぼれません。

 

ここで、多くの人は「固定型の」傘を買います。

固定型の傘固定型の傘

持ってないし視界も遮られないからこれならいいんでしょ! という考えですが、残念ながら、これは地域の条例によってokかダメかが決まってきてしまいます。

 

完全にダメなのが、

静岡県

岩手県

山形県

福井県

三重県

青森県

 

だそうです。

 

 

また、海外ではNubrellaというこんな画期的な傘が普及しているそうですが、日本では上記のこともあり普及はしないかもしれません。

Nubrella

ただ、もしあなたの住む地域がハンズフリーokであれば、購入してみると便利かもしれません!

徒歩の場合でもNubrellaは使えるそうなのでお勧めです。

購入できるサイト ←アフィリエイトリンクではありません。

梅雨に体調が悪くなる理由

梅雨、というか天気が悪い日なら誰しも体調を崩しやすいです。

かくいう私も雨の日は頭痛がひどいので布団が天国になります。(いつでも寝れる状態ってなんか安心しますよね)

頭痛頭痛

これは、天候(気圧、湿度、温度)が悪くなると体にとってストレスとなり、それが自律神経を乱してしまうのだそうです。

自律神経が乱れると、ほかにも関節の痛みやめまいなんかが起こるそうです。

 

その自律神経ですが、大辞林にはこうあります。

脊椎動物の末梢神経系の一。生体の意志と無関係に、内臓・血管・腺などの機能を自動的に調節する神経系。交感神経と副交感神経から成り、多くは一つの器官に対し互いに拮抗的に作用している。植物性神経系。不随意神経系。

 

難しいですが、かなり高次な神経なのですね。

 

天候の変化なんかで乱れるのかよ、と思うかもしれませんが、精密機械ほど少しの衝撃で壊れるのと同じで、自律神経もけっこう敏感なのかもしれませんね。

 

私の母も、以前関節がいたいということで病院に行ったら先生に同じ説明をされていました。

アナタももし関節が痛かったらこれを疑ってみるといいかもしれません。

 

体調不良を防止する方法

一つ目の方法は水分補給をしすぎないということです。

夏であればむしろ飲むのが大切なのですが、梅雨は汗をかきにくいため汗をかくことができず、結果的に体に水分がたまって冷えてしまい体調を崩します。

 

これを防ぐためにも、のどが渇いてない時は飲まないようにしたり、飲んでも運動をして汗をかくようにすることが大事になってきます。

 

二つ目は睡眠時間をしっかりととるということです。

天候が悪く、日光もたいして浴びれていない時、人は活動を促進する交感神経よりも、休息をとろうとする副交感神経のほうが優位になります。

 

冬や天気が悪いときに眠くなるのはこれが理由なのですね。

だからこそ、この体の反応に付き合って、十分な睡眠時間をとることが体調管理に役立ちます。

室内干しをうまく乾かすテクニック

室内干しは臭くなりやすいし場所をとるしで、結構面倒な点も多いですよね。

もし乾かなければ次の日も干しておかなくてはならなくなり非常に厄介です。

 

その時最高なのが、洗濯物の真下に新聞紙を敷き詰めておくということです。

新聞紙は吸水性が高いので、置いておくだけであらよあらよと洗濯物の水分をとってくれます。

新聞

 

また、扇風機で送風したり、なんといっても洗濯物と洗濯物の間隔を10センチほど開けることが大事です。

厚手の服は裏返し、ポケットやフードは重ならないように下向きにしましょう。

風が通りやすくなるように、洗濯物の四方に空間を作っておくことが大切です。

 

もしエアコンがあれば除湿機能を使うのも大いにありです。

古いエアコンよりは最近のエアコンのほうが電気代が絶対的に安くなってくるそうなので、買い替えを検討するのもいいかもしれません。

 

 

 

では、ここまでありがとうございました。

梅雨は多くの人にとって憂鬱な時期でもありますが、ここを乗り越えたら夏休みも間近です。

梅雨の時期を賢く生き抜いていってやりましょう!