チケットチケットの悪質転売(ダフ屋)を規制する法律が、2019年6月から施行されます。

 

その法律の概要と、万が一取りすぎてしまったチケットがある場合にどうすればいいのかを調べてみました。

 

法律の概要

  • 規制の対象になるのは興行チケット(映画・演劇・アーティストライブ・東京五輪・芸術など)
  • 人気アトラクションの整理券などは対象外(USJはがっかりでしょう)

 

そして規制対象のチケットの特徴です。

  1. 同意のない有償譲渡を禁止し、チケットにもその旨が書かれている
  2. 購入者の氏名、住所を確認したうえで取引されており、それについてもチケットに印字されている
  3. 日時・場所・購入者・座席が指定されている

 

これを破り、

  1. 高額転売のために仕入れること
  2. そして転売取引を完遂すること

をしてしまえば、発覚したときに刑事罰に処せられます。

 

そしてその罰則は1年以下の懲役または100万円以下の罰金です。

 

少し安すぎる気もしますが、日本国外で行ってもダメなそうです。

 

また、取引がお金で行われても、物々交換で行われてもアウト。

 

 

取りすぎたチケットは売れる?

どうしてもチケットを取りたいときは、仲間と協力して抽選に挑むことになると思います。

 

その時にチケットを取りすぎてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

 

その場合は、チケットの転売をしても問題にはなりません。

 

というのも、規制対象となるチケットは、あくまで「業として」取引されるものだからです。

 

反復の意思を持ったうえでチケットを購入し、高額転売をしようとすればそれはアウトです。

 

しかしその時だけ、余ってしまったチケットを売りたいというのであれば、調べられはするかもしれませんが不問になります。

 

ただしここでも、1円でも元値をオーバーすれば途端に立場は危うくなるので、オーバーしてしまうことはお勧めしません。

 

たとえ仮にたまたまオーバーしてしまったのだとしても、警察は一度目を付けた相手はなかなか放そうとしません。

 

「でも、ねぇ。ほら。金になるし続けようとか思ってたんじゃないの?」

 

高圧的な態度で無理な自白をさせようとしてくる冤罪事件が増えるのが目に見えています。

 

自分の身を守るためにも、余ってしまったチケットの転売は定価以下にしましょう。(送料や手数料込みでも)

 

 

 

不正転売っぽいチケットを買いたい場合は?

規制の対象になるのはあくまで興行のチケットです。

 

アーティストや有名人との握手会、サイン会、写真撮影会、アトラクションの整理券などは残念ながら対象外です。

 

なのでこれからも悪質転売の毒牙にかけられるチケットは一定数あるはずで、どうしても欲しいそのチケットがどっちのタイプなのかを確認することが必要です。

 

転売ヤーからチケットを購入することそれ自体は今回の法律に抵触しませんが、転売ヤーは不正に仕入れているという時点で詐欺罪が成立し、そこから買ってしまえばほう助罪が適用される可能性もあるのだそうです。

 

あまりそちらのほうでは問題提起されることは多くないでしょうが、それでも悪質な場合には警察の目に留まってしまう危険性も高いので、やはり慎重に考えてダフ屋とは手を切ったほうがよさそうです。

 

まとめ

ライブ

ではここまでありがとうございました。

 

東京五輪などを見据え、一部の興行チケットは転売ヤーを規制する法律に守られることになり、これから2019年の6月以降は立件数も増えていくと見込まれています。

 

たまたまチケットが余ってしまったという場合、そのチケットを売っても問題はありません。

 

ただしその際、売値が買値を上回れば法律的には即アウトなので気を付けましょう。

 

これからも様々な興行チケットが発売されていきます。

 

うまく人数分を調達し、イベントを楽しんでいきたいものですね♪