(未放送の部分もネタバレしていくのでご注意ください)

 

リグリッドとイビルアイとの関係

オーバーロード2期ではこんなおばあちゃんが出てきました。

 

 

そこで「あの泣き虫」や「あのお嬢ちゃん」という言葉を使っています。

 

イビルアイとほぼ年は同じで、200は超えているようです。

 

それくらい前、魔人との戦いでイビルアイやツアーと共闘し、特にイビルアイの(エントマを苦しめた)殺虫魔法が功を奏して蟲の魔人を倒すことができたのでした。

 

そしてその後は蒼の薔薇に所属するようになり、アダマンタイト級として数々の武功をたてていきます。

 

しかしさすがに歳ということで辞めようとなり、イビルアイに役割を押し付けようとします。

イビルアイは魔人戦以前か以降かはわからないものの吸血鬼化して一国を滅ぼしてまでいるので、当然人間と協力する気にはなれません。

←シャルティアもですが、吸血鬼=八重歯って感じしますよね

 

 

なのでリグリッドは「儂が勝ったら蒼の薔薇に入れ」と脅してほかの青の薔薇のメンバーと一緒になってイビルアイをコテンパンにして泣かせます。

(イビルアイいわく、私はあの婆に負けたのであってお前ら(ガガーランなど)に負けたわけではない)

(しかし都合が悪くなるとガガーランたちもいたので数に押されたという)

 

ツアーいわく、「あの娘に勝てる人間は君くらいだよ」とまで言うので、リグリッドの強さが窺い知れます。

 

ツアーとイビルアイ、リグリッドの関係

 

ツアーはシャルティアを支配したワールドアイテムが効かないと推測される白銀の竜王で、リグリッドからは「縛りをかけなければこの世界で最強の存在」とも言われます。

 

13英雄や魔人、八欲王などいろいろな立場の化け物がいるのでわかりづらいですが、ツアーはかつてイビルアイやリグリッドと協力して魔人と戦った13英雄のうちの一人です。

 

13英雄のリーダーがユグドラシル出身であったためかユグドラシルについても知識があり、普段は八欲王が遺した剣型のギルド武器がだれか(特に漆黒聖典)に盗まれないように見張っています。

 

精神支配されていたシャルティアに襲われたのは彼が遠隔操作していた鎧で、それによって幸か不幸か(悪側の)ユグドラシル勢の再入に気付くことができます。

そしてリグリッドに、剣を守って動けない自分の代わりにギルド武器に関する情報を集めてくれるよう頼みます。