大口「わかんねぇんだよおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

 

「mail.ru」を使っていると、頻繁にこういうことが起こります。

 

というのも、mail.ruはロシアのインターネットが提供するサービスで、基本的にロシア語だからです。

 

大学などでロシア語を受講していた人ならいざ知らず、ほとんどの人にとっては英語以上に読めないものになってきます。

 

そして、ウィルスに代表されるような安全面での心配があります。

また、「やっぱりもう使わない」ということでアカウントを削除したい時に方法がわからないということもあります。

 

今回はこれらについて見てみましょう。

 

mail.ruは安全?

mail.ruに限らず、ヤフーメールやGメール、Hotmailなど、今まで多くのメールサービスから個人情報が流出しています。

 

なのでmail.ruが特別危険であるとは一概には言えないのですが、以下のような点も考慮すべきでしょう。

  1. ロシア語なので解読しにくい
  2. ロシアのドメインは危険なものが多い

それぞれ、見ていってみます。

 

ロシア語なので解読しにくい

mail.ruはロシアの大手インターネットサービスが提供するもので、感覚的にはヤフーやヤフーメールと同じであると考えていいです。

 

なのでヤフーと同じく、なにか問題があればトップページにその旨が表示されたり、メールやニュースなどで教えてくれます。

 

しかしそれらもロシア語なので、大部分のロシア語がわからない日本人にとっては(情報を得る)機会損失となりやすいという特徴があります。

 

なので対策が後手に回ってしまい、いつのまにかメールアカウントやその他のサービスが乗っ取られていてとんでもない事態に・・・ということも起こってしまう可能性があるといえます。

 

ロシアのドメインは危険なものが多い

また、米国セキュリティ企業「McAfee」の調査によると、危険なサイトが多い国別ドメインでワーストに輝いたのがルーマニア(.ro)、次いでロシア(.ru)だったそうです。

(ちなみに日本(.jp)は57位で比較的安全)

 

調査には、Webサイトのアドウェアやスパイウェア、ウイルスなどを検知するツールが用いられており、その信頼度は高いものになっています。

 

mail.ruは、ログインすればヤフーのトップ画面のように、様々なニュースが表示されてきます。

 

なのでそういった悪意のあるサイトとかかわりを持つ可能性がないわけではなく、先に書いた「言葉が理解できない」ということも含め、考慮すべき点であるといえそうです。

トップページ(mail.ruのトップページのニュース)

 

ウィルスに感染していないか調べる方法

しかしもちろん、相手はロシアではヤフーやグーグルと同じくらいポピュラーなインターネット(メール)サービスです。

 

なのでむやみやたらに登録したデータが抜き取られるということはないでしょうが、それでも心配な時はトレンドマイクロが提供しているSite Safety Centerを使って調べてみましょう。

 

ページに行き、検索ボックス内に安全かどうか調べたいサイトや記事のURLを入力後、「今すぐ確認」をクリックすればすぐに(稀に時間がかかりますが)診断してくれます。

 

これは送られてくる詐欺メールに記載されているURLも調べることができるので、怪しいと思ったらこのツールを使うのもいいでしょう。

 

 

試しにmail.ruのトップページに記載されていたニュースのURLを貼ってみました。

ニュース一覧これの、一番最後のニュース(最後の単語がBeca)を調べてみました。

 

検索画面

「安全」と出ましたね♬

 

ちなみに例によって読めませんが、興味が湧いてグーグル翻訳に噛ませたところ、科学者たちが体重増加を防ぐ商品を開発したというニュースでした。

 

アカウントを削除する方法

もし、なにかしらの理由がありmail.ruのアカウントを退会、削除したいという場合、日本のメールサービスと同じような感覚で該当ページを探し当てようとしても厳しいところがあります。

 

まず、コチラに飛びます。

するとこんな画面になります。

削除ページ

英語で書いてあることは以下の通りです。

ご自分でお持ちのメールアカウントだけが削除可能です。
Eメールアドレスとパスワード、アカウント削除の理由を入力してください。
Eメールアカウントを削除すると、MyWorld@Mail.Ruのデータやお問い合わせの履歴、ほか、関連するすべてのデータも削除されます。
***アカウント削除後、3か月以内であればeメールアカウントを復元することもできます。ただし既に削除されたメールや、ほかのサービスと関連するデータは復元できません。

 

これを読み、mail.ruのアカウントを削除する決意が固まったら、ページ上から3行目にある「To delete your account, follow this link.」の「this link」をクリックします。

 

 

するとこんな画面が出てきます。

削除画面

またしてもロシア語ですが、書いてあることはこんな感じです。

メールボックスと全てのページが削除されます。
メールボックスを削除すると、私たちのサービスを利用できなくなり、利用可能なすべての情報が削除されます。
エージェント、クラウド、カレンダー、アンサー、マネーなど、他のMail.Ruプロジェクトの個人データへのアクセスは完全に拒否されます。

 

そして、一番下の青字の「Удалить」は「削除」、右側のボックス「Отменить」は「キャンセル」です。

 

今回はアカウントを削除するので、青いボックスを選びます。

 

するとこんな画面に切り替わります。

手続きの画面

入力できるボックスが3つありますが、

  1. アカウント削除の理由
  2. パスワード
  3. 右の画像の文字を入力

なので、その通りに入力していき、最後にまた青いボックスをクリックします。

 

ちなみに「アカウント削除の理由」に関しては日本語で入力しても問題ありません。

 

そしてこの画面になったら、アカウントの削除は完了です。

完了画面

 

また、この画面を翻訳するとこんな感じです。

メールボックス(今消したメールアカウント)へのアクセスはブロックされており、その内容は私たちのサーバーから削除されていますが、リカバリボックスから復元することもできます。

 

最後の青いボックスは「リカバリボックス(復元する)」という意味なので、必要がなければ触らないようにします。

 

これでmail.ruのアカウントの退会、削除の手続きは完了です。

 

3か月以内でしたらまだ復元できてしまえる状態ですが、それ以降は完全に消え去るのでそれまで待ちましょう。

 

この後はただタブを閉じるだけで大丈夫です。

 

 

まとめ(こちらもどうぞ)

いかがでしたでしょうか。無事にアカウントを削除していただけたでしょうか。

 

海外のメールサービスだと、取得したはいいもののアカウントの削除方法がわからない!ということが起こりがちです。

 

そういう時に無事にアカウントを消せるよう、あらかじめ消し方がインターネットで見つけられるかどうかを確認してからの登録のほうがいいかもしれません。

 

ではここまでありがとうございました。

 

同じくフリーメールとしてよくおすすめされている「Yandexメール」についても、アカウントを削除する方法を調べてみたので、ご入用でしたらどうぞ。

Yandex.Mail(ヤンデックスメール)の解約方法。退会は簡単!