La Llorona

世界的に大人気を博したホラー映画「死霊館」のジェームズ・ワン監督が、新たにプロデューサーとして関わっている映画があります。

 

「The Curse of La Llorona」と呼ばれるこの映画の、現在わかっているあらすじ内容とキャストについてご紹介していきます。

 

では、どうぞ♪

 

あらすじは?

内容は、ラヨローナ伝説という、メキシコやアメリカに存在する都市伝説を元ネタにされています。

 

そして映画の内容は以下の通りです。

 

・自らの手で自らを天国と地獄のはざまに幽閉してしまったラヨローナという亡霊の名前は、何世紀にもわたって世界中で語り継がれ恐れられています。

・彼女の悲愴は永遠に続いています。そして彼女の鳴き声を聞いた者は死を運命づけられてしまいます。
とくに影の中に潜み、子供を襲って死に至らしめるのです。
すべては、彼女の子供と交換して天国に逝くためです。
そして彼女のそんな願望は、時間が流れるにつれて増大化し、より恐ろしいものになってきました。

・1970年代のロサンゼルス、ラヨローナは夜に子供を追跡して襲うようになっていました。

・子供を危険な目にあわせたという容疑がかけられたある母親の奇妙な警告を無視し、公務員であるアンナ・ガルシアは彼女の子供と一緒に超常現象の領域へと引きずり込まれていくことになります。

・彼女たちがラヨローナの呪いから逃れるための唯一の望みは、幻影の司祭と、悪霊を寄せ付けないようにする修業を積んできた神秘主義者です。

・彼女の怨念に気をつけましょう。彼女はあなたを暗闇の絶望の中に引きずり込むためなら何でもします。
彼女の苦痛には救いがありません。彼女の魂に救いはありません。ラヨローナの呪いから逃れるすべなどないのです。

 

キャストは?

主人公であるアンナ・ガルシアは、リンダ・カーデリーニが演じます。

 

彼女は「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015)のローラ・バートン役や、

 

「BLOODLINE ブラッドライン」(2015)のメグ・レイバーンを演じています。

 

 

ほかのキャストは、パトリシア・ヴェラスケス、

シーン・パトリック・トーマス、

レイモンド・クルスが出演しています。

 

とくにレイモンド・クルスに関しては「エイリアン4」や2012年から2018年まで続いている「Major Crimes ~重大犯罪課」にレギュラー出演していたりするベテラン俳優さんです。

 

ほかにもキャストは発表されているものの、主役級キャラクターを演じるのはこの4人だけのようです。

 

まとめ(こちらもどうぞ)

では、ここまでありがとうございました。

 

「The Curse of La Llorona」には、元ネタとなった実話があります。

 

それについてはこちらでご紹介しているのでよろしければご覧ください♪

The Curse of La Llorona.映画の元ネタのラヨローナ伝説とは?

世界には様々な怪奇現象、超常現象が存在しており、「死霊館」など、それらをもとにしたホラー映画もとてもたくさんあります。

 

今後もそういったものに関して見つけ次第書いていってみたいと思うので、よろしければチェックしていただければと思います。

 

ではでは、またどこかでお会いしましょう♪

きたる「The Curse of La Llorona」に今から期待です♬