2018年は本当に暑いですね。

2010年以来の大猛暑だとか、観測以来最高の気温だとかいわれており、自然の凄さや怖さがよくわかる年になっています。

 

そんな2018年ですが、残念ながらまだ7月なのです。

そして酷暑は今月末くらいで収まるという声もあるものの、猛暑はしばらく続く見込みなのです。。。

 

なので、今回は大事な水分補給について調べてみました。

凍らせて飲めるもの、凍らせると美味しい飲み物、ついでに食べ物など、いくつか挙げていくのでよければご覧くださいね♬

 

凍らせると美味しい飲み物

冷凍したお茶がよく売られていますよね。

冷凍緑茶

もちろんこれも美味しいんですが、これはスーパーかコンビニで買うことになるので少しお高くなります。

なので、ご家庭で淹れたお茶を凍らせて出先に持っていくというのもおススメです。

ただ注意点として、緑茶には利尿作用があります。

出先がすぐにはトイレに駆け込めないところや、なるべく入りたくないようなところであれば、お茶自体を控えたほうがいいかもしれませんね。

 

ビールはどうでしょうか?

ビール

ビールの場合は凍らせると炭酸が抜けてしまい激マズになるそうなので、あまりお勧めはしません。

 

キンキンのビールを飲むのであれば、冷凍庫に30~40分ほど入れておくとよいそうです。

それ以上は凍ってしまうので注意ですね。

 

コカ・コーラフローズンレモンは、凍らせるのを前提にして作られています。

コカ・コーラフローズンレモン

冷凍庫から出したあとは15~20分ほど常温にさらし、その後でもみほぐして飲みます。

シャーベット状になっているので上記のビールのように炭酸が抜けてまずくなるということもなく、製品本来の風味を味わえます。

 

他にジュースなどを凍らせて飲みたい場合、「冷凍0k」のものでない限り、ペットボトルに入ったまま凍らせることは容器の破損に繋がり危険なので推奨されていません。

 

なのであらかじめ別の「冷凍ok」の容器に移したうえで凍らせ、その後冷凍庫から取り出して半解凍の状態になったらおもいっきりシェイクし続けます。

 

こうすると飲み物がフローズンデザートに様変わりし、水分補給はもちろん、いつもと違うぜいたくなデザートを愉しむことができます。

 

凍らせると美味しい食べ物

オールドファッションドーナツはよく食べるでしょうか?

オールドファッション

凍らせて食べると歯ごたえがよくなっており、それがそのまま美味しさに繋がるようです。

風味が移ったり移されたりしてしまわないよう、ラップにくるんで半日以上冷凍庫に入れておくとよいでしょう。

 

また、しかしそれでは食べるときに歯が立たないので、食べる半日ほど前に常温に戻して自然解凍させておくことが重要です。

 

冷えたオールドアファッションをぜひ楽しんでくださいね♬

 

梅干しもおススメです。

梅干し

海が凍りにくいのと同じで、塩分が多く含まれた梅干しも、数時間冷凍庫に入れておく程度のことでは凍り付きません。

キンキンに冷えていて、なおかつ酸味も抑えられるので食べやすくなるそうです。

 

 

ヨーグルトはトロトロですが、冷凍した後はシャキシャキになって美味しいそうです。

ヨーグルト

普通に冷えたヨーグルトを食べるか、キンキンにシャキシャキになったヨーグルトを食べるか、お好みでどうぞ。

また、これも自然解凍するときは冷蔵庫内で半日ほど置いておけばいいそうです。

 

を凍らせて、お醤油と一緒にごはんに乗せてもおいしいです。

卵

またこの際、あえて温かいご飯ではなく冷ご飯を選べば、美味しさと涼しさ両方を味わえます♬

 

猛暑すぎて冷凍アクエリアスが販売停止に!

コカ・コーラは凍らして飲むアクエリアスのペットボトルを販売休止にしました。

凍らせるアクエリアス

 

2010年に赤城乳業のガリガリ君が品薄になって出荷停止の憂き目にあったのと同じで、今年はアクエリアスが出荷停止だそうです。

 

8月上旬ごろからの販売再開を予定しているそうで、それまでの間、上記にあげたようなものを飲んで凌ぐといいかもしれません。

 

今年はめずらしく酷暑の日があり、7月中旬としては過去60年間で最も暑い年でした。

今後、酷暑は収まる見込みですが、猛暑は続くので、各自で冷たい飲み物(酒は除く)でしっかり水分補給していきましょう。