ホラー

夏といえばホラー、冬といってもホラー。

つまり万年ホラー!!

 

どうもこんにちは、ホラーゲームが大好きなあきもぐといいます。

 

今回は、今までユーチューブでいろいろなホラーゲームを見てきた私が、特におすすめするホラーゲーム実況者とゲームのタイトルをご紹介していきたいと思います。

 

どちらかというとフリームなどでダウンロードできるフリーホラーゲーム関連のものが多いです。

多少のネタバレは含むのでご注意ください。

では、どうぞ♪

 

あ、・・・・・ちなみにいきなり気持ち悪かったり怖い画像を張ったりするのでご注意ください。

また、特に探索型のフリーホラーゲームを多めにしていて、バイオハザードやサイレントヒル、青鬼などのビッグタイトルは省いています。

 

 

 

おすすめのフリーホラーゲーム実況者

プレーが上手かったりする人もいれば、ビックリするくらい下手だけどそれがもはやブランドになっている人もいて、話がうまい人もいます。

 

敬称はすべて省略させてもらいますが、私は特にこの実況者さんたちの動画にお世話になっていました!

 

シーゴ/CgoChannel

おもに探索系のフリーホラーゲームをゆっくり実況している実況者さんです。

 

ゆっくり実況者というと、ゆっくりにしゃべらせる内容がつまらない人とおもしろい人がいる!と思いますが、この人は面白いです。

 

 

しかもよくいるゆっくり実況者さんと違って、ゆっくりたちはギャグやコントをあまりしません。わりと淡々と感想を言いながらゲームを進めていきます。

なのに、そのトークはなんだか安定感があり、見ていて飽きません。

 

 

ほかのホラーゲーム実況者さんがあまりプレイしないようなタイトルをプレイしてくれているので、はまれば長いこと見続けられる、おすすめの実況者さんですね♪

 

 

ガッチマン

現在は「あまり驚かないガッチマンはホラーゲームばかりやっている」というチャンネル名で毎日動画を投稿しています。

 

基本的にプレーは上手で、見ていてストレスが溜まりません。

ただ、別名で「エッチマン」と呼ばれるほど下ネタを随所に含ませてくるので注意です。

それが問題なければ本当におすすめしたい実況者さんです!♬

 

英語が苦手なのに英語字幕のゲームを意味を理解しないままながらもてきぱきとクリアしてしまうその姿はもはや伝説です。

 

ちなみに遊ぶゲームはフリーホラーゲームも製品版もあります。

特におすすめなのが以下でもご紹介している「SCP」や「影廊」です。

両方ともフリーホラーゲームですが、うまさあり怖さありエロありの楽しいプレーをたくさん動画にしてくれています。

 

サイコマンといわれることも多くあり、襲ってくる恐ろしいはずの敵を逆に襲ってなぶり殺しにすることから、動画の安心感はずば抜けています。

ホラーに興味があるけど、怖くてちょっと尻込みしてしまう・・・という方には一番おすすめの実況者さんです。

 

たくたく

いくつかチャンネルを運営していますが、基本的に「たくたく」と検索すればこの実況者さんが出てきます。

 

今回ご紹介する実況者さんたちの中でもダントツに漢字が読めません。

しかしそこがもはや愛されているところでもあります。

 

昔の動画は基本的に暗くつぶやいているような実況なのですが、最近の実況は元気そのもの!その変わりようも楽しめるはずです。

 

基本的にフリーホラーゲームが多いです。(最近は新製品版も遊ぶようになってきました)

また、スマホアプリなどもしっかり画面をキャプチャして動画にしてくれています。

 

声が高いのが苦手な人は無理かもしれませんが、動画数は多く、投稿頻度もほぼ毎日あげてくれているため長く楽しませてもらうことができます。

 

おすすめの実況は「カクサンキボウ」や「拡散「希望」」で、数年前の古い実況にはなりますが、「この実況ができるなんて俺は本当に幸せ」とも言っていたくらいで、一緒に作品にのりこめること間違いなしです♬

 

また、先にあげたガッチマンがほぼ驚かない(それどころかホラーを逆に殺しにかかる)のに対し、たくたくさんの実況は絶叫に包まれています。

そのため音量注意ですが、とっても楽しませてもらえますよ♪

 

じんたん

「じんたんのゲーム実況チャンネル」というチャンネルを運営しています。

この方もかなり叫びます。

主にフリーホラーゲームを実況していて、「じんたんのゲーム実況ながら見部」という部も運営しています。

 

被虐のノエルや怨恨ヴィ―ゲンリートがおすすめですが、こういった長編シリーズはよく生放送で一気にクリアし、そのアーカイブを残すという形にしています。

 

なのでアーカイブを見ようとすると1~3時間くらいの動画も多くあり、そこは人を選びます。

 

ただ、動画から伝わってくるはものすごいいい人感!

脅威や怨霊、ゲーム特有のツッコミどころある事象に対するツッコミも光っています。

本人の言にイラっとすることなく楽しませてもらえる、私の一番?お気に入りの実況者さんです。

 

ひゃくえん

もとは日本人ですがアメリカ国籍を取得してアメリカで暮らしている方で、基本的に英語字幕を翻訳しながら実況してくれるいいお父さんです。

 

ただ、このひゃくえんという名前はそのプレーの華麗さをもとにつけた名前なので、そうとうにゲームオーバーやリトライは多く、コメント欄が荒れていることもあります。

 

しかし本人はなんのその。そういった人には関わらないというスタイルのもと、マイペースに実況してくれています。

 

最近はあまり見なくなってしまったのでどんなのがあるかわかりませんが、アメリカ在住という点を活かし、「エイリアン アイソレーション」という最恐ホラーゲームは日本人実況者さんの中でもかなり最初のほうにアップしてくれたかたです。

 

けい

「けい」というチャンネルを運営しているけいさんは、ホラーゲーム専門というわけではないのですが「アウトラスト」「のび太のバイオハザード」など、怖いホラーゲームやおもしろいホラーゲームまでいろいろと完結させてくれています。

 

「I wanna be」シリーズは恐らく日本人実況者さんで一番たくさんアップしてくれているのではないでしょうか。

ホラーを題材にしたワナビーシリーズもあり、けいさんの絶叫が光り輝いています。

 

イケボでプレーもうまく(ミスを検証して修正するのがめちゃお上手)、絶叫もしてくれ、本人もネタやストーリーに対して気持ちよく笑います。

 

昨今、広告費や人気などを維持するために毎日動画を上げ続ける実況者さんが多い中、けいさんは平気で数か月いなくなることもあります(笑)

 

しかしそこで再び動画をあげれば一瞬で人が戻ってくるほど人気のあるかたで、「視聴者に媚びない」姿勢も人気の理由の一つです。

 

おすすめの絶叫動画は最恐として名高い「アウトラスト」や、ポケ呪です♬

 

うぅわっ!!

 

べるくら企画

イケボ、プレーうまい、誠実、なべるくらさんは、主に「Dead By Daylight」というホラーゲームの動画をあげています。

 

これは1人の殺人鬼vs最大4人のサバイバー側に分かれてプレーするゲームで、殺人鬼はサバイバー側の殲滅、そしてサバイバー側は脱出を目指して協力しあいます。

 

この、「目的は同じなのだけれど、毎回人や場所、キャラ、スキル(パーク)が違うので飽きない」という点でDBDは大人気を博しており、もはや日本人の中でもトップクラスにうまいであろうべるくらさんのプレーには毎回楽しませてもらえます。

 

実況の中でボイスチャットをするという点も珍しいかもしれません。

 

兄者・弟者・おついち

おそらくゲーム実況者さんとしては一番有名な方々なのではないでしょうか。

 

この実況者さんたちもホラーゲーム(主に製品版)をアップしてくれており、毎回1~3人の楽しいおしゃべりや絶叫で和ませてもらうことができます。

べるくらさんと同じでDBDの動画がとても多いので長く楽しめます♬

 

yukigekkou

今まで挙げてきた実況者さんの誰よりも古くからユーチューブに動画をアップしている女性の方です。

 

ただしこの方に関しては実況ではなく、字幕です。音声や顔出しもなくどんな方なのかはわかっていませんが、先にあげたけいさんと同じで視聴者に媚びる様子は一切なく、強い女性という感じです。

 

それが人気の一つで、アップ頻度が少ないため他の実況者さんと比べて登録者さんは少ないですが、何よりも「SIREN」という超人気超怖いホラーゲームをいち早くユーチューブの視聴者さんたちに広めた方なのではないかと思います。(なんと2007年。ユーチューブの設立は2005年)

 

それも動画本数はSIRENだけでなんと100本で、一本一本の動画時間は短いものの、それが逆に見やすさの理由になっています。

 

あいろん

「癒しのあいろん雑学ゲーム実況」というチャンネルを運営しているこちらの方は、なんといっても癒しボイスを持っています。

 

そのうえ毎回の動画冒頭で癒し雑学や映画に関する雑学を教えてくれるので、それもまたたまらなく楽しいひと時になります。

 

実況は基本的に製品版のゲームが多いですが、ホラーからアドベンチャーまでジャンル問わずたくさんのシリーズを投稿しています。

 

また、基本的にプレーがうまいのでその点でもスカッとさせてもらうことができます。

 

 

おすすめのホラーゲーム

今まで自分が見たものだけを抜粋しました。

・・・が、意外と多い(笑)

 

内容は忘れているもののあるので詳しくは書け(き)ませんが、興味のあるものをどうぞご覧になってください。

 

「感動します」や「絶望します」は盛大なネタバレになりかねないので自粛します。

 

オロホスの夢

オロホスの夢

主人公がショタのフリーホラーゲームで、最初から思わせぶりな発言をすることからその段階で挫折してしまう人もいそうな作品ではあります。

 

しかしイラストが可愛いんだ!!

 

また、探索系なのでそういったものが好きな方にはおすすめです。

内容自体もそこまで長いものではないので、気軽に楽しむことができるでしょう。

いくつかエンドがあるので、いろいろな結末をお楽しみください♪

 

宵ヶ淵月光録

宵ヶ淵月光録

「よいがふちげっこうろく」と読みます。

登場人物はこのキャラだけではありません。

何人かのキャラを好きに操作できる探索系なので、飽きずに楽しむことができると思います。

 

また、予測できない即死トラップや死亡ルートなど、エンド分岐がたくさんあるのでいろいろな結末が楽しめます。

イラストもかわいいのでおすすめです♬

 

虚白の夢

虚白の夢

「こはくのゆめ」と読みます。

 

見たのが少し前なのであまり覚えていないのですが、結構ストーリーが長かった気がします。

 

例に漏れずイラストが綺麗で、探索型フリーホラーゲームです。

 

超大物製作者のカナヲさんの作品で、ぜひ見るべきものです!

 

被虐のノエル

被虐のノエル

手足を奪われた少女の復習譚・・・。

カナヲさんが虚白の夢のあとに制作、公開を始めたシリーズで、ホラー色は強くなく、どちらかというとストーリー重視のシリーズものです。

 

ただしシリーズは現在シーズン8まで来ているほどの超大作で、どのシーズンも秀逸としかしえないくらいストーリーに熱くなれます。

 

ほぼホラーではありませんが当ブログで1位、2位を争うおすすめ度のゲームです!

 

今は「殺戮の天使」はアニメ放送されていますが、そのうちこれもアニメ化するんでなかろうか。。。

 

Ib

Ib

少女が美術館で怪奇に巻き込まれる探索型のフリーホラーゲームで、後述の「魔女の家」と同じく、フリーホラーゲーム界でお手本とされるほどの傑作です。

 

ストーリー自体はそこまで長くないので楽に見れると思います。

 

ゲーム全体に漂う不気味さは秀逸そのものです。

 

魔女の家

魔女の家

「the フリーホラーゲームの巨匠」でもあり、パイオニア的存在の作品です。

 

なので公開日は少し古いのですが、その怖さ、難易度、衝撃のストーリーなど、全てがフリーホラーゲームの100点満点のお手本ともされる、Ibと並ぶ神ゲーです。

 

いわゆる即死トラップが結構多く、たくたくさんやじんたんさんなどの実況で大いに絶叫を愉しむことができます♬

 

かみさまの心臓

かみさまの心臓

どうやら記憶を失っている少年を主人公として捜査する探索型フリーホラーゲームで、キャラデザはどれもきれいで素敵です。

 

いくつかエンド分岐があるのでこれもいろんな結末を拝むことができますね。

総合点の高いおすすめゲームです。

 

神童ノ哥

神童ノ哥

「しんどうのうた」と読むフリーホラーゲームです。

 

いくつかエンド分岐があり、毎回楽しませてもらえるつくりになっています。

 

また、いろいろな(本当に色々な)フリーホラーゲームのパロディーが入っており、フリーホラーゲームファンであればいくつもピンとくるようなセリフがあってそこも楽しむことができます。

 

ただ、「なんか難しそうなこと言ってるしきっとストーリー上重要なことなんだろうなー」と思いきや、他作品で使われている重要なセリフの丸パクリだったりもするので、そこが残念でもあります。

 

雰囲気やストーリー、サウンドなどは秀逸なので、よければ見てみてください。

 

霧雨が降る森

霧雨の降る森

先にあげた「被虐のノエル」や「殺戮の天使」と同じで書籍化、ノベライズもされた作品です。

 

女性視聴者にも大人気という珍しい作品であるのには理由があり、それがストーリーの肝にもなっています。

 

不気味さの演出はよくできており、エンド分岐もいくつかあるのでしばらく楽しめます。

まだ見たことがないという方には是非見ていただきたいですね!

 

包丁さんのうわさ

包丁さんのうわさ

今まで挙げてきたものと違い、ほぼ文章を目で追って読むだけのノベライズ型フリーホラーゲームです。

 

なのでどちらかというと怖さよりもストーリーが重視されており、実況者さんの絶叫などは期待できません。

 

しかしストーリーが楽しめるのは確かなのでぜひ見てみてください♪

 

カクサンキボウ・拡散「希望」

カクサンキボウ

これも「包丁さんのうわさ」と同じでほぼ読むだけのホラーゲームです。

 

ただし包丁さんのうわさと違いボイス付きの箇所が多分に含まれているので、ストーリーの長さに飽きずに楽しめるでしょう。

 

まずはカクサンキボウ。そして続編が拡散「希望」です。

 

絶叫などは期待できませんが、ストーリーや絶望感は一押しです♬

 

赤髪の怨霊

赤髪の怨霊

学校が舞台の探索型フリーホラーゲームで、難易度があまり高くないので実況者さんの連続失敗が少なくて済みやすい作品です。

 

また、怨霊はランダムに表れるので、一度現れなかったからといってまたそこを安心だと思って歩くと痛い目を見るという点でも飽きを緩和してくれています。

 

死幻の蝶

死幻の蝶

赤髪の怨霊の続編です。

 

赤髪の怨霊を見た後でみたほうがいいでしょう。

 

あまり覚えていないのですが、ストーリーが良かったです。

 

寄生ジョーカー

寄生ジョーカー

少し前のフリーゲームで、残念ながら公開、配布はもう終わっており、再開の予定も皆無です(というか期待はできません)。

 

どちらかというとのび太のバイオハザードに近く、アドベンチャー寄りの作品です。

 

そしてボス戦はかなり難しいものの、やりこみ要素に富んでいて、縛りプレイでボスを軽々撃破する動画も上がっています。

 

ただ、上記にあげた事情やエンドの多さのせいもあり、最初から最後まですべての分岐やストーリーを余すことなくアップしてくれている実況者さんはあまりいません。

 

断片的にいろんな人の動画を見ることになるでしょう。

 

 

のび太のバイオハザード

のび太のバイオハザード

2005年にAAA氏が公開してから爆発的な人気を博してたくさんのシリーズが生み出された作品です。

 

ただその分、あたりもあれば外れもあるので注意が必要です。

 

なかでもおすすめはAAA氏の第1作(本家)と、その後編であるのび太のバイオハザード2です。

また、無理のないのびハザというシリーズも4~5個くらいのシーズンがあるので長く楽しめると思います。

 

個人的にはけいさんがこれらの動画をあげているのでおすすめですね♬

 

(追加:2018年10月、著作権者である小学館が著作権侵害を訴え、ニコニコ動画やユーチューブからのびハザの動画が一斉に駆逐されてしまう事態となりました。なので、今後またのびハザシリーズを見たり遊ぶことはできなくなるようです。一世を風靡したのびハザシリーズの終焉とはなんとも悲しいですが、致し方ありませんね)

 

ポケ呪・ポケ呪2

ポケ呪

現在、2まで公開されており、続編も製作中(らしい)フリーホラーゲームです。

 

このとおり、とある化け物ポケモンから逃げつつ脱出を目指す探索型ホラーゲームで、難易度はめちゃめちゃ高い初見殺しゲーです。

 

突然おどろおどろしいサウンドで化け物が襲ってくるもので、実況者さんだけでなく。油断してみていればこちらまで驚いてしまうものです。

 

けいさんが動画をあげているのでぜひ見ていただきたい作品です♬

 

アカイイカア

アカイイカア

こちらもポケ呪と似た雰囲気です。

しかし世界観はポケ呪よりも不気味でおどろおどろしく、サウンドやビックリ度もポケ呪に負けず劣らずです。

 

ポケ呪よりも内容は長くないので、一気に実況動画を見きることができると思います。

 

こちらも絶叫系として非常におすすめの作品です♬

 

ミガカミカガミ

ミガカミカガミ

鏡の世界で恐怖に襲われる探索型フリーホラーゲームです。

 

ストーリーにはぐっと引き込まれること間違いなし!かなりおすすめ度の高い作品です♬

 

夕餉の華

夕餉の華

夕餉(ゆうげ)とは夕食のことのようです。

そしてその華が何を意味するのか、もうおわかりですよね?

 

登場人物は数人いますがどの子もかわいく作られていて癒されます。

エンドも、バッドエンドからハッピーエンド、ビックリエンドまでいろいろと楽しめるのでおすすめです(^^)

 

廃墟からSOS

廃墟からSOS

ちょっといろいろと現実感が薄い作品ですが、「なんじゃそりゃ」というようなシナリオや即死イベントがあって結構楽しめます。(笑)

 

これも探索型なので、好きな方は是非どうぞ!

 

蛍火の庭

蛍火の庭

「ほたるびのにわ」と読ませます。

着物を着ていることもあり、どこか昔の時代をほうふつとさせます。

 

しかしストーリー、キャラデザどれをとっても良くできており、彼女ら彼らが織り成す物語にはかなりの人間臭さを感じさせられます。

 

エンドがいくつかあり、ストーリーも長いのでかなり楽しめます♬

 

人喰いさん

人喰いさん

探索型フリーホラーゲームで、総合点の高い作品です。

 

イラストはそこまできれいでないものの、ストーリーはよくできており、ホラーゲームながらも泣けます。

エンド分岐がいくつかあるので全部楽しんでくださいね♬

ネガイゴト

ネガイゴト

探索型・・・だった気が・・・。

 

あまり深くは覚えていないのですが、続く作品「ヒメゴト」「イミゴト」と関係のある部分もあるのでおすすめです。

 

とある登場人物の狂気がよくわかります♬

 

ヒメゴト・イミゴト

ヒメゴトネガイゴトから続く作品で、登場人物は違うものの物語は繋がっています。

 

「まともなやつはいないのか?」とは思ってはいけません(笑)

登場人物一人一人が魅力のあるキャラクターです。

 

陰鬱な雰囲気が大好きな人におススメです。

 

SCP

SCP

セーブ不可能や進行不可能など致命的なバグの多いフリーホラーゲームですが、怖さは随一です。

 

海外のフリーホラーゲームなので確か日本語字幕がなかった気がします(あるかも)。

 

プレイヤーは無力な死刑囚となって、ただひたすらに施設からの脱出を目指します。

 

ガッチマンがこれの動画を大量に上げているのでおすすめです♬

 


 

雨宿バス停留所

雨宿バス停留所

これも探索型フリーホラーゲームで、所々にビックリポイントや即死軽視ベントが散りばめられています。

 

しかしストーリーは細かく作りこまれており、登場人物たちの心情には絶対に共感できるはずです。

 

いくつかエンドがあるので、全てを見ましょう。

 

夕暮れ叙事詩

夕暮れ叙事詩

雨宿バス停留所は、とある事情があり続編は期待されていませんでした。

 

しかしその期待を嬉しくも裏切ったのが今作です。

 

この画像の新キャラクターがカギとなり、ストーリーを進めていく探索型フリーホラーゲームです。

 

雨宿バス停留所を見て速攻でこれに移れば大いに楽しめることでしょう。

 

クチダケ

クチダケ

とある星でこの化け物から逃げて脱出を目指すというフリーホラーゲームです。

 

癖のあるキャラクターや納得のできるストーリーなどで、個人的に総合点は高い方です。

 

あんまり怖くないエイリアンを想像してみてください(笑)

 

サウンドなどの音響効果もいいですよ!

 

らせんの宿

らせんの宿

最初から最後まで意味のあるセリフやイベントなどで、最後に一気に真実を知らせてくれる作品です。

 

赤おばさんから逃げ回って脱出を目指す探索型フリーホラーゲームで、「魔女の家」などと同じくらいに評価が高いように思います。

 

ストーリーは結構長く、なにより深いです。

登場人物や実況者さんたちのあがきを楽しみましょう♪

 

マッドファーザー

マッドファーザーなにげに大好きな作品で、ストーリーもそこまで深くはないため非常に見やすくておすすめです。

 

また、サウンドやイラストなどもうまく使われており、特にお父さんの笑い声は面白いの言葉につきます。

 

気を楽にして、頭を空っぽにしてみたいという方はおすすめですね。

 

 

操

「みさお」と読みます。

 

「いじめ」と「復讐」、「呪い」が描かれていますが、ゲーム中には様々な突っ込みどころがちりばめられており、それだけで楽しむことができます。

 

また、本作は探索系フリーホラーゲームですが初見殺しの多さも群を抜いており、「『魔女の家』がもう少し怖くなくなった&即死イベントが増えた」ようなゲームです。

 

おすすめはじんたんの実況プレイです。とても笑わせてもらえますよ♪

 

作者さんが「マッドファーザー」と同じで、同じキャラクターも出てくることから、この位置にしました。

 

 

断罪の檻

断罪の檻

裁かれるべきは誰なのか。

そんなことを考えさせられる作品です。

 

いくつかエンド分岐があるので、絶望からハッピーまで、いろんなエンドを楽しみましょう!

 

人間臭い登場人物が多いのも高評価です。

 

四奇ノ檻

四奇の檻あなたは霊というものを信じますか?

 

この作品は製作者が音声を吹き込んでいるという珍しい作品で、やはりプロの声優さんたちと比べると少し見劣りするものの、十分によくできておりストーリーも面白いです。

 

分岐はいくつかあり、また、制作者さんたちは次回作の開発に勤しんでいるそうです。

公開されて実況動画が上がる前に、この大作だけでも見ておきましょう♪

ちなみに探索型です。

 

FS

FS

探索型であるのは覚えているのですがなぜかまったくストーリーを覚えていない本作です。

 

ただ、ストーリーは非常によくできており、泣きそうになるということは覚えています。

 

僕もまたもう一度見直してみようかと思います。

 

ちなみに、このFS、なんて意味だと思いますか?

 

怨恨ヴィ―ゲンリート

怨恨ヴィ―ゲンリート

シーズン7まで公開されている大人気のフリーホラーゲームシリーズであり、探索型です。

 

ホラー色の強いシーズンもあるものの、どちらかといえばストーリーに重きが置かれていてどのシーズンも圧巻に一言です。

 

紛うことなき神フリーゲームです。

 

狂い月

狂い月

徐々に解けてくる謎にゾワッとする良作です。

 

探索型のフリーホラーゲームですがストーリーは作りこまれており、驚きの展開が随所で引き起こされます。

 

多くの実況者さんに実況してもらっている作品で、一見の価値があります。

ぜひ、とある謎にぞっとしてください♪

 

朝溶けの魔女

朝溶けの魔女この作品はシリーズものではありません(続編は制作中のようですが)が、ストーリーは非常にいいものです。

 

サウンドやその他の効果が随所で使われており、フリーホラーゲームとは思えない臨場感があります。

特にクライマックスのシーンは熱く(恐ろしく)なること間違いなしです!

 

単独作品としては当記事でトップを争うフリーホラーゲームですね♬

 

 

ちなみに、いろんなフリーホラーゲームのいいとこだけを吸収して使っている節があり、「Ib」や「霧雨の降る森」などを彷彿とさせるステージがいくつかあります。

パクリやパロディではないので、気を楽にしてご覧ください。

 

サイレン

サイレン

yukigekkouさんをはじめとするゲーム実況者が次々に挑戦していったことで今では「最恐のホラーゲーム」として言わずと知れたサイレンですが、発売当初は放送禁止になるほど恐ろしいCMを流していたそうです。

 

今なら流す前からムリだとなりますが昔はまだ緩かったのですね。

自由だった、ともいえるでしょうか。

 

 

そんなサイレンですが、怖さだけでなく難易度の高さもファンを虜にする要素のひとつでした。

また、作品の舞台である羽生蛇村の不気味さも驚くくらいよく表現されており、「怖すぎる」仕上がりになっています。

 

怖さも雰囲気も楽しめる。そんな作品が今では自分で恐怖体験せずとも動画でみれてしまいます(笑)

 

海底脱出

海底脱出

正直なところいろいろと惜しい部分の多かった作品がこちらです。

 

しかし「怪物から逃げる」という、ネタ的には王道を行っていて楽しめるものです。

 

一度、確認がてら見てみるのもいいでしょう。

 

影廊

影廊

和風のホラーゲームで、ランダム生成されるマップを、ランダムに襲ってくる怪物から逃げながら進んで脱出の手がかりを集めるゲームです。

 

難易度が高いですがどこかはまる要素があり、ガッチマンがいくつも動画をあげてくれています。

 

とにもかくにも和風の雰囲気が抜群に癒しになるゲームなので、一度確認してみるのをおすすめします。

 

恐怖の森

恐怖の森

これは知っている方も多いのではないでしょうか。

 

フリーホラーゲームを語る時、「魔女の家」と同じでかなりの確率で出てくるのがこの作品です。

 

現場から逃げ出すための道具を森の中で探しつつ、おってくる顔(ヨシエ)から逃げ回ります。

 

いくつかバージョンがあり、その度に実況者さんの絶叫がきけます。

一度見てみるのをおすすめします♬

殺戮の天使

殺戮の天使

2018年7月からアニメの放送が開始されているほどの人気作で、ホラー要素は薄いものの、公開当初から注目を浴び続けて殺天ロスを生み出した作品でした。

 

主人公のレイチェルとザックは建物からの脱出を目指しますが、その間に何人もの殺人鬼に襲われることになります。

 

歪に狂いあった二人の逃走劇をぜひ見てほしいです。

 

あわせ鏡

これだけどうもイラストが見つからなかったのですが、たくたくさんやじんたんさんもアップロードしてくれているので一度どうぞ。

 

タイトルからして物騒そうな雰囲気ですがその通りで、探索型阻止系系イベントの多くあるフリーホラーゲームです。

 

ただ、僕は探索型のゲームが好きなのでこの作品もけっこう肌になじみました(笑)

 

村雨

村雨

修学旅行中のトラブルで助けを求めに立ち入った村で殺されるかもしれない恐怖と闘います。

 

後述のヒトミサキと同じで、綿密に編み込まれた世界観で魅せてくれるサスペンス&探索ホラーゲームです。

 

人の世界の悲しい一面がリアルに描かれており、そこだけでもご飯三杯はいけます。

 

「真・村雨」というモードもあり、そこでは物語の真実に迫ることができるので、長く視聴(プレイ)を楽しめます。

 

ヒトミサキ

ヒトミサキ

両親を火事で亡くした少年が主人公の作品です。

 

「村雨」の続編で、「村雨」が探索パートや回想などで物語の真実を教えてくれていたのに対し、本作では自分で推理しなければならないことが多くあります。

 

しかも無理がある設定は一切なく、前作以上に綿密にできあがった世界観に引き込まれること間違いなし。

 

誰が犯人なのか、どういった真実が待っているのか。前作と合わせてとてもおすすめ度の高い作品です♪

 

Chernobylite

こちらはいずれ出る予定のゲームですが、ラストオブアスやバイオ4のようなおもしろさが詰まっている探索系ゲームだと思います。

Chernobyliteというホラーゲームのあらすじ、内容、発売日は?

まとめ

ではここまでありがとうございました。

 

僕自身、こんなに実況を見たのかと今になって驚いています(笑)

 

ここで今回あげたものの中でおすすめ度トップ3だけ発表しておこうと思います。

 

1:被虐のノエル
2:怨恨ヴィ―ゲンリート
3:朝溶けの魔女
トップ2まではシリーズものなのでホラー色が薄めです。
なのでホラー色強めのもの、かつフリーホラーゲームでいえばこうなります。
1:SCP
2:影廊
3:朝溶けの魔女

ストーリー重視の1作かぎりのホラーゲームであれは以下が特におすすめです。

1:人喰いさん
2:螺旋の宿
3:魔女の家
4:宵ヶ淵月光録
5:Ib

もはやランキング形式なのが意味を成していませんね(汗)

 

自分で遊ぶのか気が乗らなくても、今はユーチューブなどがあるので気軽にホラーゲームに親しむことができますよね♪
今回は主に探索系を選んでご紹介しましたが、他にも面白いフリーホラーゲームはたくさんあり、これからも排出されていくと思います。最近はこういった実況者さんや、ゆっくりボイスでの実況者さん、字幕実況者さんなどいろいろな方が動画を公開してくれています。
あなたの大好きな実況者さんやゲームタイトルが見つかることを祈っています♬