ゾンビ

 

カプコンは現在、「バイオハザード2 リメイク」以外にも2つのバイオハザード作品を制作中であると公言しています。

 

そのうちの一つは「バイオハザード8」であるとも判明しており、それ以上の内容は不明なものの、続報に期待できるところです。

 

また、もう一つは「リベレージョンズ3」であると予測でき、「真相」をテーマにしたリベレーションズシリーズで回収されそうな伏線をこちらでまとめてみました。

 

 

今回は「バイオハザード8」について、過去作をもとに発売日とハード、ストーリーについて予測してみました。

 

また、バイオハザード8に関してはジェイクが主人公になるのを強く予想しています。

 

ではでは、一つずつどうぞ♪

 

発売日は?

まず、過去作がどの程度の間隔で発売されていったかについて見てみましょう。

バイオシリーズ発売日の間隔・バイオハザード4(2005年)
約4年
・バイオハザード5(2009年)
約3年半
・バイオハザード6(2012年)
約4年半
・バイオハザード7(2017年)

 

こうしてみると、バイオハザード4から、だいたい4年周期で新作ナンバリングタイトルが発売されていることがわかります。

 

もし、同じように4年後にバイオハザード8が出るとすれば、遅くとも2021年中には出ると予想できます。

 

ただし、「現在3つのバイオハザードを制作している」という発言は2017年のものなので、すでに1年以上たっています。

なので今回はもう少し早く出てもおかしくはないのではないでしょうか。

「バイオハザード5」から「バイオハザード6」までの間隔は3年半でした。

 

なので、今回もそれくらいの間隔で出てもおかしくはなく、運がよければ2020年中にバイオハザード8を拝めてもおかしくはありません。

 

ただし、同時進行で製作されている可能性のあるリベレーションズシリーズ第3作目のこともあるので、それについてもみていきましょう。

 

リベレーションズシリーズとのかかわり

現在まで出ているリベレーションズシリーズ2作品には共通点があります。

 

それは、時系列的につながるナンバリングタイトルが発売してから約3年後に発売されているという点です。

 

たとえば、「リベレーションズ」は時系列的に「バイオ5」に繋がっています。

  • バイオハザード5(2009年3月)
  • リベレーションズ(2012年1月)

 

そして、「リベレーションズ2」は「バイオ6」に繋がっています。

  • バイオハザード6(2012年10月)
  • リベレーションズ2(2015年3月)

 

 

ということなので、このままでいくと、次の「リベレーションズ3」は「バイオ7」から3年後に出る可能性が高く、そうすると2020年の発売となります。

 

となると、同じ年に2つも大作を発売するというのは考えにくいので、やはり「バイオハザード8」は2021年中の発売であると予想できます。

 

 

ハードは?

ナンバリングの「バイオハザード」シリーズは、そのほとんどがまずはPlayStationで発売され、のちに任天堂ハードやpc版が発売されるようになっています。

 

そして、以下、今までのPlayStationシリーズの発売日です。

PSの発売周期PS – 1994年12月3日(土曜/大安)
PS2 – 2000年3月4日(土曜/大安)
PS3 – 2006年11月11日(土曜/大安)
PS4 – 2014年2月22日(土曜/大安)

みてみると、PlayStationシリーズは4~8年周期で新ハードが発売されています。

 

なのでバイオハザード8が2020年または2021年に出るのであれば、その前にPS5が発売されている可能性は大いにあるといえます。(だいたい、ハードは発表から1年以内に発売されています)

 

どちらかといえばPS4タイトルとして発売される可能性のほうが高いと思いますが、いずれはPS5で遊べるようになっていてもおかしくはありませんね♬

 

ストーリーは?

 

ゾンビ

「バイオハザード5」が賛否両論の最後を迎えたとき、本作のプロデューサーであった竹内氏はこんなことを言いました。

 

バイオハザード5はシリーズの起承転結の「転」に当たります。

 

そして、起承転結はこのように定義されています。(ASCII.jpデジタル用語辞典)

文書の書き起こしで読者を話に引き込み(起)、

主題を展開し(承)、

視点を変えて興味を引き(転)、

全体をまとめる(結)

 

 

つまり、カプコンは現在のバイオハザードシリーズを「起承転結」でしっかりとまとめ上げることを計画しているといえます。

 

 

これには他にも説得力を増してくれる要素があります。

 

たとえば、今までシリーズを引っ張ってきた主人公たちの高齢化です。

 

バイオハザード7の時点で、各主要キャラの年齢は以下の通りです。(誤差有)

各種用キャラの年齢

  • クリス(44歳)
  • ジル(41歳)
  • レオン(40歳)
  • クレア(38歳)
  • エイダ(43歳前後)
  • バリー(57歳前後)

 

さすがにここまでくると人生の折り返し地点を過ぎていると言わざるをえなく、本人たちも体力の衰えなどを感じていって当然です。

 

クリスにいたっては、「バイオ6」の40歳の時点ですでに引退を表明していました。

 

結局いろいろあって戦い続けることを決めますが、それでも、昔のように戦うことはできないのではないでしょうか。

 

 

 

これについてはカプコンも考えているようで、「バイオ6」「バイオ7」「リベレーションズ2」では、今後のシリーズを担いそうな若手のホープ、組織が誕生してきました。

  • ジェイク
  • ナタリア(アレックス?)
  • モイラ
  • シェリー
  • イーサン
  • ミア
  • 新生アンブレラ

 

なので、そろそろ現行のバイオハザードシリーズを終幕させるようなストーリー構成になってきてもおかしくはないと思います。

 

「バイオ6」から「バイオ7」まで生まれてきた新キャラクターたちが活躍できるような世界観を作る。

「バイオ8」はそんなストーリーになると思います。

 

そしてその中でも一番可能性が高いといえるのが、ジェイクです。

 

ジェイク?

ジェイクは、現行のバイオハザードシリーズで長く黒幕的立ち位置を演じてきた「アルバート・ウェスカー」の息子です。

 

「バイオ6」では父親との因縁に一応の終止符を打ち、性格的にだいぶ丸くなって人々をBOWから守る活動に身を転じていましたよね。

 

 

そんな、イケメン&強いジェイクが今後のバイオハザードシリーズを引っ張っていく可能性は高いといえ、また、新生アンブレラとの関係も構築されていくのではないでしょうか。

 

また、「バイオ7」では恐怖がテーマになっていたため過去作のキャラクターは本編に出てきませんでしたが、「バイオ8」で再登場してほしいというファンの方も多く、カプコンも再び彼に活躍させたいと思っていると思います。

 

なので「バイオ8」にはジェイクが出てくると予想します!

 

強力プレイは?

「バイオハザード5」と「バイオハザード6」までは、画面分割プレイやオンラインプレイで他人と協力しながらストーリーを進めることができました。

 

恐怖に重きを置いた「バイオ7」ではそのシステムが採用されませんでしたが、上に書いたようにシリーズの「結」を担う作品である場合、旧キャラクターと新キャラクターが主人公に置かれる可能性が高いと思います。

 

なのでストーリー本編はもちろんのこと、マーセナリーズなどのサブゲームに関しても強力プレイができるものになっているのではないでしょうか。

 

まとめ

 

予想まとめ

  • バイオ8の発売日は2021年あたり
  • リベレーションズ3は2020年の可能性がある
  • ハードはPS4
  • 起承転結の「結」なら引き継ぎのためにも新旧のキャラが出てくる→協力プレイもできる!?
  • ジェイクの可能性が大!?

「バイオハザードアウトブレイク」のリメイクと続編の可能性を考察!

(バイオ8ではエブリンに関する謎が明らかになるというリークがあったのでそれについても触れています)

 

バイオでウェスカーが死んでから10年たったので経歴をまとめてみた

追記 バイオの新作がいよいよ本格始動!

カプコンがバイオハザードのテストユーザーを募っているとの公式アナウンスがありました。

 

Just got this via email. That Res Evil super secret game test is coming to the US Red Evil Ambassador program. @Nibellion pic.twitter.com/nkQU0bNJpe
— Patrick Copeland (@Anaris82) 2019年8月9日

 

これはバイオ8という憶測がもっぱら広まっていますが、リベレーションズ3である可能性も大きいといえます。

 

いずれにせよ続報に期待ですが、新しいバイオハザードを遊べる日は確実に近まりました。その日が楽しみですね!!