バリアフリー

東京五輪と超高齢化社会をみすえ、東京都はホテルの全客室をバリアフリーにするという条例を制定しようとしているようです。

 

それを知り、今回は

  1. バリアフリーとはなんぞか(基準)
  2. バリアフリー関連の法律
  3. バリアフリーの客室の例
  4. 条例が適用されそうな新規オープン予定のホテル

 

について調べてみました。

 

バリアフリーの基準とは

「バリアフリー」とは、障碍者や高齢者が社会生活を送っていくうえで肉体的、精神的障壁となるものを取り除くこと、もしくは取り除いた状態などを指す言葉です。

 

カタカナですが一般的に日本で生まれて日本で使われている言葉で、指定する範囲も「障害となるものを取り除くこと」と、少し限定的です。

 

 

それに対して英語圏では、「広く設備やシステムが障碍者や高齢者にも対応可能であること」という意味で「accessibility」(アクセシビリティ)と呼ばれており、日本もいずれはバリアフリーからアクセシビリティに移行するのではないかと思われます。

 

 

しかしバリアフリーもアクセシビリティも、「障碍者や高齢者にも使いやすい施設である」という点では一致しており、以下のようなシンボルマークが使われます。

障碍者の国際シンボルマーク

見慣れないと「車椅子対応」にしか見えないマークですが、日本で使われる場合も、次に紹介するバリアフリーの全種類を網羅しています。

 

 

移動面でのバリアフリー

車椅子

車椅子を使っている人にとって、段差はよく問題となります。

 

それを解決するために、バスや電車、エレベータ、エスカレータなどにはスロープが常備されていることが多く、そうでなくとも超低床バスやノンステップバス、車いす対応のエレベータなど、さまざまな形でバリアフリーが実現されています。

 

 

またスロープを用意するというのは車いすを使っている人向けですが、段差に明かりをつけて見やすくしたり段差を大きくして気付きやすくしたりといった、視覚障害を持つ人向けのバリアフリーもあります。

 

 

視覚に対するバリアフリー

バリアフリー

「バリアフリー」というと車椅子を真っ先に思い浮かべがちですが、点字など、視覚障碍者向けのものも立派なバリアフリーです。

 

また、最近の駅には視覚障害を持った人向けの音声ガイド装置も置かれており、駅構内のサービスやトイレの場所などを紹介してくれます。

 

ホテル内にも点字があることはありますが、どちらかというとフロントのスタッフさんにお世話になることのほうが多そうです。

 

オストメイト

ガンや事故などで消化管、尿管が損なわれた場合、自力での排泄が不可能になります。

 

それに対応するために人口肛門(膀胱)を増設した人はふつうのトイレは使えない(使いにくい)状態になるそうで、そういった人たちに対応するためにオストメイトというバリアフリー設備があります。

 

オストメイト対応トイレ

 

 

バリアフリー関連の法律

「バリアフリー法」では旅客施設及び車両など、道路、路外駐車場、都市公園、建築物などでの積極的なバリアフリー化を推進しています。

 

また、同じく関連法には以下のように記載されています。

  • 不特定かつ多数の者が利用し、又は主として高齢者、障害者等が利用する 廊下等は、表面は、粗面とし、又は滑りにくい材料で仕上げること等とする こと
  • 不特定かつ多数の者が利用し、又は主として高齢者、障害者等が利用する 階段は、踊場を除き、手すりを設けること等とすること
  • 不特定かつ多数の者が利用し、又は主として高齢者、障害者等が利用する 便所を設ける場合には、そのうち一以上は、便所内に、車いす使用者用便房 及び水洗器具を設けた便房を一以上設けること等とすること
  • ホテル又は旅館の客室には、客室の総数が五十以上の場合は、車いす使用 者用客室を一以上設けることとすること
  • 道等から移動等円滑化の措置がとられたエレベーターその他の昇降機又 は便所の配置を点字その他の方法により視覚障害者に示すための設備又は案 内所までの経路は、そのうち一以上を、視覚障害者が円滑に利用できる経路 とすること

 

などなど、かなり多岐にわたってバリアフリー化が法律では定められています。

 

とくに「客室の総数が50以上の場合は車いす使用者用利用客室を1以上設けること」という点は、ほぼすべてのホテルが合致するものです。

 

 

また、これに限らず、今回東京都が制定しようとしている条例の案はこのようなものです。

 

 

東京都の制定しようとしているバリアフリー案とは

東京都が制定しようとしている案は以下とおりです。

  • ホテルなどの宿泊施設が新築や増改築をする場合は、全客室の出入り口の幅を80cm以上にする(車いす使用者のため)
  • 客室の出入り口から浴室やベッド、トイレまでの通路の幅を70cm以上とする

 

現在明らかになっている改正案はこれしかありませんが、ほかの宿泊施設の例を見れば、以下のようなものもしっかり制定されそうな気がします。

 

  • ロビーから客室まで車いすでの移動が可能
  • 客室入り口に段差はない(もしくはスロープがある)
  • 点字
  • 水道や照明など各アメニティの自動化

 

とくに点字や自動化などは、パラリンピックに視覚障碍選手や四肢のない選手が出ることを鑑みても、まず間違いなく制定されるものと考えられます。(5人制サッカーやゴールボール、卓球など)

 

 

東京五輪を見据えた条例であるため、条例案に抜かりはないと思われます。

 

しかし1日に必要となると見込まれているバリアフリー客室が850室であるのに対し、それまでに確保できそうなバリアフリー客室は約550室とされています。

 

法案が通れば大きな力にはなるものの、理想には届かないといえるでしょう。

必然的にホテルをとるのは難しくなってきます。

 

適用されそうな新規オープン予定のホテル

条例は可決した場合、来年9月に施行される見込みです。

 

つまりそれまでに建てられるものに関しては適用されないので、9月以降にバリアフリーが充実していないホテルがオープンしてくる可能性もあります。

 

ただし東京都もそれはわかっており、すでに積極的に各ホテルに対してバリアフリー化を求め、補助金も出しているところです。

 

具体的には、

  1. 客室における躯体工事等を伴わない必要最低限の緊急改修(定額、補助上限100 万円)
  2. 共用部の改修や、客室の統合等を伴う大規模改修(1/2 補助、補助上限500 万円)

です。

 

この募集期限は2018年6月にすでに終わってしまっていますが、先を見据え、今後も補助金を出していくことでしょう。

 

また、ホテル側にとっても、バリアフリー化は東京五輪だけでなく来たる超高齢化社会に向けてもよい設備投資になるはずで、どんどん進んでいくと見込まれています。

 

そして、2019年9月以降に新規オープンする予定のホテルにはこんなところがあります。

 

  • ホテルリブマックス日本橋小網町(仮称・2019年 10月(予定))
  • 銀座五丁目ホテル計画(仮称・338 室・2019年 秋(予定))
  • 竹芝ウォーターフロント開発計画(旧シーサイドホテル芝弥生)2020年(予定)
  • アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉(1111室・2020年 春(予定))
  • 羽田空港跡地第2ゾーン開発・ラグジュアリーホテル(154室・2020年 6月(予定))
  • 羽田空港跡地第2ゾーン開発・ハイグレードホテル(644室・2020年 6月(予定))
  • 羽田空港跡地第2ゾーン開発・スタンダードホテル(906室・2020年 6月(予定))
  • 東京エディション虎ノ門(東京ワールドゲート内ホテル計画)(約200室・2020年 春~夏(予定))
  • 東京エディション銀座(約80室・2020年 春~夏(予定))
  • プリンスホテル・潮見ランドパーク(名称検討中)(605室・2020年 夏(予定))
  • プリンス スマート イン 恵比寿(82室・2020年 夏(予定))
  • ACホテル・バイ・マリオット東京銀座(296室・2020年 夏(予定))

 

ほかのホテルは今から(じきに)予約がいっぱいになっていってしまいますが、このように新規オープンが予定されているホテルの場合、予約ができるようになるのはもう少し後になりがちです。

 

なので障害があるという場合もないという場合も、ほかのホテルを取れなかったのであれば、以上に挙げたホテルの予約可能時期をこまめにチェックしておくといいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

東京五輪や超高齢化社会を見据え、東京都はホテルの全客室を新築(増改築)時にバリアフリーにするべしという条例を可決させようとしています。

 

これが実現すれば今まで以上にホテルが便利になりますし、時代の流れにもあっていて素晴らしいと思います。

 

  • 車いす使用者のための幅の拡大
  • 段差の廃止
  • 点字
  • オストメイトの導入
  • 各種アメニティの自動化

 

など、さまざまなバリアフリー化が期待されます。

 

既に予約を逃してしまったという方でも、今後、オープンしてくる新規ホテルであればとれる可能性は十二分にあり、検討の余地はあると思われます。

 

 

 

ではではここまでありがとうございました。

 

東京五輪、何事もなく白熱して終わってくれるといいですね。