ダイビングダイビングは、普段行くはずのない水中世界での冒険です。

 

なのでダイバーの体には地上とは違った力が働くことになります。

 

その最たるものが水圧で、耳抜きが必要になってきますよね。

 

ほかにもいろいろな力が働くため、目に見えるものから見えないものまで、ダイバーの体には様々な変化が生じます。

 

今回はその中でも、特にダイビング後に起こりうる体調不良について少しまとめてみました。

 

これがあなたの次のダイブに役立つと嬉しいです。

 

では、見出しからどうぞ♪

 

頭痛

頭痛

人によっては、ダイビング後に必ず頭痛に悩まされることがあります。

 

これの理由は主に3つあり、そのどれもが次のダイブからは解消できるものばかりです。

 

なのでそれについて見ていってみましょう。

1:脳の酸欠(二酸化炭素過剰)
2:緊張型頭痛
3:スクイズ

 

脳の酸欠

とくに中性浮力がまだ完璧に取れない人に多いのがこれです。

 

ダイビング中、エアの消費量を抑えたりじっとして写真撮影に臨むために、意識して呼吸を止めることがあります。

 

これをやりすぎると、脳が酸欠になってしまい、ダイビング中とダイビング後にガンガンとした痛みに襲われることになり、ときには寝てもしばらく続くことがあります。

 

これを防ぐには、ダイビング中は潜行のとき以外呼吸を止めてはいけないという、オープンウォーターで習う初歩的なことを守るだけでokです。

 

そうしたらエアがもったいないし中性浮力もとれない!とも思うかもしれませんが、普通の呼吸を続けてさえいれば中性浮力は取れますし、エアの消費量も抑えることができます。

 

これは、「水中でエアの消費が早くなるのは動きすぎているのが一番の理由」であり、中性浮力を取ってさえいれば、むやみに動いて酸欠になってしまったりしないからです。

 

緊張型頭痛

タンクの位置がおかしくて(上にありすぎて)、潜っているときに少しでも上を向こうとすると後頭部がガッツンコ☆ということがあります。

 

このほかにも、無理な姿勢をして泳いでいたり、変に体に力を入れたまま潜ってしまうと、首や頭の筋肉が緊張してこの頭痛を引き起こすことがあります。

 

これはしっかりと器材のセッティングをすることと、あとはずっと同じ姿勢で潜らないなど、慣れでなくすことができます。

 

器材の締め付けや寒さ

マスクがきつすぎる状態で潜ると、水圧でさらに締め付けられて、途中でとても潜っていられない状態になります。(経験有)

 

フードでも同じことが起こりえるそうなので、一度確認してみるといいでしょう。

 

また、冬に長時間潜ると、ドライスーツを着ていたとしても体には相当な負荷がかかります。

 

そうすると寒冷刺激という状態で頭痛が起こるので、これを防ぐためには、なるべく厚いフードを被って対策するなどが必要となってくるでしょう。

 

 

ダイビング後の頭痛は、けっこう痛くて残りの日程を台無しにしてしまうことが多いです。

 

それを防ぐためにも、以上のことに気を付けて(特に呼吸)、頭痛のないダイビングを楽しんでいってくださいね♬

 

耳の違和感

ダイビングは耳と密接な関係にあります。

 

その中でも特に多いのが耳のスクイズと内耳炎、外耳炎です。

 

耳の問題はデリケートで、解消しないと次のダイビングができないといったことも多いので、特に気を遣っていきましょう。

 

耳のスクイズ

体にある空洞が水圧で圧縮されるのがスクイズで、痛みを伴います。

 

特に多いのが耳ですが、マスクや外耳にも起こりえます。

 

とくに潜り始めて少しのところで最も痛くなってきます。

 

そのまま潜り続ければ、最終的に鼓膜が破れてしまい、強烈な痛みとめまいに襲われます。

 

ここで必要になってくるのが圧平衡(耳では耳抜き)と呼ばれるもので、つばを飲んだり、鼻をかむ動作ですることができます。

 

慣れてくれば鼻をつままずともフンっと力むだけで耳抜きができるようになる人もいますが、ダイビングを始めてやるという人の場合、ぜんぜんできないということも多いです。

 

そういった時は練習しまくるか、病院で治療を受けるしかありません。

 

私はグアムに行った時の体験ダイビングで最初の30分くらいを練習に費やしてしまったので申し訳なくもありましたが、そのおかげでダイビングができるようにもなったので、結果的によかったと思っています。

 

浅場で、しばらく沈んだり上がったりで練習させてもらいましょう。

 

内耳炎

海水や細菌が中耳腔に入ると中耳炎を引き起こします。

 

主に、耳抜きができないまま潜ると鼓膜が破れ、そのまま中耳に流れ込みます。

 

一般に、外耳炎よりも中耳炎のほうが危険といわれ、治療を放っておけば悪化して命にかかわってくることもあります。

 

ダイビング後に耳に違和感があったら、中耳炎が外耳炎を疑い、すぐに病院に行った方がいいでしょう。

 

外耳炎

外耳炎も危険ですが、これはダイビングせず陸上で普通に暮らしていてもかかることがある疾患です。

 

耳かきをしすぎて外耳に傷をつければそこから菌が入り込み、猛烈な痛みを引き起こします。

 

軽いものであれば放っておけば治るのですが、重度のものだと脳にまで菌が入り込み、抵抗力が弱まっている人は命の危険にさらされることになります。

 

また、外耳炎になっているときに海や風呂場で耳に水が入れば、「最近に栄養をあげているのと同じ」であるため、完治までは耳の中は乾燥させた状態にするのが基本です。

 

内耳炎もですが、一度でも外耳炎になった人は、その後も同じことになりやすい体質になるので、耳の取り扱いには特に注意しましょう。また、かかっているときにイヤホンで音楽などを聴いてはいけません。

 

私がそうだったのですが、重度の場合、四六時中耳鳴りと耳の痛みに悩まされ、耳から黄色い膿も流れ出てきます。

こうなる前に病院に行きましょう。

 

鼻血

耳とあんまり関係ないように思いますが、これも、主な発生原因は耳抜き不良です。

 

きつすぎるマスクの締め付けが原因である場合もありますが、耳抜き不良の場合、鼻をつまんで長時間イライラしながらかむことで鼻の粘膜が傷つき、頭に血が上って鼻血が出ます。

 

(耳抜きができない時って本当にじれったくなるんですよね・・・)

 

練習で耳抜きを克服するか、優秀な耳鼻科医にかかれば耳抜き不良を直してもらえるので、そうしましょう。

 

吐き気

ダイビング中やダイビング後の吐き気の原因で最も多いのが、口呼吸で空気を肺だけでなく胃にも入れてしまっていることです。

 

こうすると、浮上に伴って胃の中の空気が膨張し、吐き気となって表れます。

 

対処法としては水中(または陸)でゲップをして空気を吐きだすことで、なかには吐く人もいます。

 

水中で吐いてしまうと死ぬのでは?とも思ってしまいますが、器用に水を飲まずに吐くこともできるので、心配であれば次のダイブで練習をしてみるのもいいでしょう。普通に、水を飲まずに口の中に含んだものを水中に吐き捨てられればokです。

 

関節のしびれ、痛み

この場合、減圧症であることが多いです。

 

減圧症はダイビング終盤の浮上中に起こることもあれば、帰りの車の中でなることもあれば、もっと時間が経った後に起こることもあります。

 

ダイビング後に飛行機に乗ってはいけないのは、これが理由ですね。

 

 

浮上に伴って、関節にたまった窒素が膨張し、しびれや痛み、息苦しさといった形になって表れます。

 

減圧症は命にかかわる症状で、中には一生ダイビングができなくなる人もいます。

 

また、耳の病気と同じで、再発しやすくもなるので、一度かかったら次からはより一層の注意が必要になります。

 

急浮上せず、安全停止をしっかりとり、ダイブコンピュータなどを駆使して無減圧潜水の範囲内にとどめるということが何よりも必要になってきます。

 

まとめ

ダイビングは普段と違う世界での活動になるため、体にはいろいろな力がくわわることになります。

 

水圧や窒素はその最たる例で、重症化しやすい耳の疾患や減圧症、肺の過膨張には大体かかわっています。

 

こういったものに気を付け、ダイビングを安全に楽しく行っていきましょう。

 

そして、いつまでもきれいな水中を安心して見れますように。

男性ダイバー女性ダイバー