雨

2019年の夏は、雨が多くなると予想されています。

また、蚊も多いと感じるでしょう。

 

今回はその理由を見ていきたいと思います。程よい気温のうちから大雨や蚊の対策をしておきましょうね!

 

2019年の夏で雨が多い理由

理由はエルニーニョ現象です。

これが起こると、日本は結果的に冷夏&暖冬&豪雨になりやすくなります。

 

 

かるく流れに触れます。

 

エルニーニョ現象は数年にいちど、春から冬の1年間にかけて発生します。

日本は通常、太平洋高気圧が北に張り出すことで高温、湿潤となり暑い夏がやってきます。

 

しかしエルニーニョ現象が起こるとこの太平洋高気圧が北に張り出しにくくなり、日本の日照時間は減。

気温が低い冷夏となります。

 

またこのとき、とくに西日本日本海側(近畿日本海側、山陰、九州北部地方)で雨が多くなりやすいようです。

 

過去にはこれが原因で豪雨が起こって被災する人々も数多くおり、2019年も豪雨に備えておくことが必要とされています。

 

 

 

特にひどいのが西日本ですが、東日本もいちぶの地域は豪雨に見舞われやすく、被害も大きくなりやすい地形をしているところが多くあります。

 

住んでいるところの避難所はあらかじめ知っておき、避難グッズも用意しておいたほうがいいでしょう。

 

 

蚊も多い!

蚊

2019年の夏は蚊も多いと感じるはずです。

その理由は雨が多いのと冷夏だから。

 

2018年の夏はありえないくらいに暑かったですよね。雨も少なく、避暑地でも40度近くまで暑くなる酷暑の夏でした。一部メディアでは「災害級」なんて呼ばれたりもしていましたね。

 

これが原因で、2018年の夏は蚊もほとんど見ませんでした。

 

蚊も暑いと活動ができなくなり、とくに35度以上を超えると葉っぱの陰に隠れてじっとしていなければいけなくなります。

 

しかし2019年の夏は雨が多く冷夏になるため、蚊にとってもいくぶん活動しやすいものとなり、2018年以上に出てくると見込まれています。

 

 

そうなれば2018年の間隔と比べてしまい、「蚊が多い」と感じる方も多く出てくるでしょう。

 

夏への備えを!

2019年の夏はこんな感じです。

 

  • 冷夏
  • 雨が多い
  • 蚊も多い

 

とはいえ腐っても夏は夏。平年より涼しくとも、雨が多くじめじめしていて不快になることでしょう。

蚊が多いのもイラっと来てしまうと思います。

 

 

カッパや傘などの雨具をそろえておくのはもちろん、去年見なかったからといって蚊取り線香や虫よけスプレーを捨ててしまっていたら新調しておきましょう。

 

ご存知、蚊は水たまりで卵(ボウフラ)を生みます。2019年は草の陰でじっとしているだけでなく、卵を産む場所にも困らないはずなので今から準備をお勧めします。

 

 

また、豪雨などの心配も予想されるので、再三になりますが雨具やいざというときの避難セットは用意しておくようにしましょう!

 

 

 

ではここまでありがとうございました。2019年の夏は気温というてんでは去年よりいくらか過ごしやすいはずです。残りの不安要素もバッタバッタとなぎ倒して、快適な夏を過ごしてやりましょう!